ベースをメンテ

噂のSLEEK ELITEにベースの擦り合わせ頼んでみました〜。PLEKという、ネックやフレットの状態を精密測定し擦り合わせまでできるという機械を使うとこです。本業は高級ギター/ベースの輸入代理店らしいんだけど、この機械を使ったリペア…というか調整もやってくれる。まあPLEK自体の輸入販売もしているようなので、ショールームも兼ねているみたい。

社長の広瀬氏めちゃ理科系、弦振動理論の説明から始まり(笑)、PLEKで計測してネック/フレット/弦振幅の状態がPC画面の数値であからさまに見えるのは感動的だった。とはいえ、そのあとの調整の作業は逆に全然機械任せじゃない。データを元に問題の洗い出しと調整の方向性を相談してから、希望の弦高を確認してまずロッドやナット/サドルを調整して変化の仕方を計測、また調整…を繰り返し、確認しながらネックの状態を追い込んゆく。
時間が無くて(私のではなく先方の。予約すればその場で全部済ませてくれるらしいが、空きはひと月以上先だとか)その日は預けたのだが、後日もうすこし追い込んだ結果がメールで届き、擦り合わせに踏み切るかの最終確認。実際のPLEKでの擦り合わせ作業は見てないけど、擦り合わせにOKを出してから(手作業による仕上げ微調整を含めて)終了の連絡まで数時間程度だったので、機械による作業はやっぱり早いのだろう。それでも大外れはなさそうな安心感があるのは私も理科系だから?翌日速攻で行って(チャリで10分のところなんで^^)、ちょっと弾いて特に問題も感じずに受け取り。
まあベースの擦り合わせ調整を頼んだのは初めてなので、すべて手作業のリペアに比べて仕上がりがいいのか悪いのかはよくわからない(笑)けど、すくなくとも持った感じでは良くなったような気がする。

最初の説明のとき、サンプルとしてフェンダーカスタムショップの初代マスタービルダーが手作業で調整したギターを測定したデータを見せてもらったら、見事に理論通りの理想的な数値をたたき出していた。名人のワザはおそらく測定限界を超える精度になってるんだろうし、そういう意味での人の手の精度は機械には出せないのかもしれないけど、逆に機械に出せる範囲ではそういう職人芸に近いところまである意味で手軽に追い込め(そうに見え)る。実作業だけでなく、そういう熟練をモノにするまでの年月も含めての時間とコストを考えると、やはり最近の機械はすごいなあと思う。

とはいうものの、いずれにせよ計測結果をどう読んでどういう調整をするかはすべてリペアマンが判断しなければならない。その結果の調整のできも結局はそのリペアマン次第なので、人手による調整との優劣を問うのは的外れだろう。
ツールとして見れば、自分の希望がはっきりしていて、たとえば弦高を指定してピンポイントで合わせてもらうとか、いちど最高の状態で計測しておいて(計測のみもしてくれる)、それがずれてきたら元に戻してもらう、というタイプの調整にはいい機械だと思う。あるいは、客観的にみて理論的に最適な、言い換えれば万人向けの最大公約数のような状態に持っていくという意味では、輸入代理店としての楽器の出荷前調整がメインでリペアはサービス、というSLEEK ELITEの立ち位置は理にかなっている。かなり大規模な工房とか楽器屋チェーンとかが本来のターゲットなんじゃないかな。

まあ、しばらく使い込んで見ます。

こんどはじっくりゆっくりサーバをチェック

サーバのHDが7月末にクラッシュしてダウンし、8月中旬にSSDを入れたノートマシンで復旧させたのに10月末でまたまたクラッシュ。結局またHDに入れ替えてなんとか復旧させたところ。

前回の復旧時にシステム全体のバックアップデータをSDカードに保存し、毎週自動で更新するようにしておいたので、復旧は簡単…のはずだったのだけど、いざとなったら全く更新されていなかった(T.T)。バックアップスクリプトを作ったとき、SDカードのデバイス名を間違えてフォーマット前のモノで指定していたため、実環境に設置して再起動したときにデバイス名が変わってしまってマウントできずにバックアップコマンドが機能しなかったらしい。8月以降のデータはすべてパー。【教訓】最終テストと確認はしっかり実環境ですべし。

とはいえ、セットアップ時のデータは残っていたのでそこに戻すのは簡単…のはずだったんだけど、書き戻して再起動してみたら、起動せず。これまた似たようなデバイスの問題で、メインのドライブを交換したため、そのユニークIDが変わってしまい、起動ドライブを認識できなくなってしまった。仕方ないのでもう一度OSからインストールし直して、起動ドライブ関連の設定は上書きしないように書き戻してみたら起動はするようになったけど、まだエラーがうじゃうじゃ出る。どうもセキュリティがらみの問題でドライブIDをチェックしているらしい。そうなるとどこでどう使われているのかを調べるだけでも大仕事になってしまうので、これは手に負えないと断念。

結局、OSのクリーンインストールからすべてやり直し。まあ、前回のセットパップの時に詳細な作業記録を残しておいたので、作業そのものはすんなりいったんだけど、それでも単に8月の段階に戻っただけ。とりあえずはまずバックアップ処理を見直して修正、数日間環視してうまく動いているのを確認。それから他にもなにかないかとチェックしていたら、システムの自動アップデートもうまく動いてくれていない気配が…。セキュリティアップデートとかは毎日チェックしているはずなのに、ログインするたびに「アップデート可能:xx個、うちセキュリティアップデート:x個」と言われる。これも調べてみたら、設定ファイルの記述に「全角のコーテーション」が混入していて手動での更新もできない状態だった。修正して手動更新はできるようになったんだけど、どうも自動更新はまだされていない。自動更新は一日1回の設定なので、ちょっと手直ししては翌日まで結果待ち、すでに数日まだ機能せず。やれやれ。
まあ慌てずにこつこつやります。他にもすることがあるし。

Win10をキープ

いやね、10を入れるつもりはなくて、基本的には7と心中するつもりだったんですよ。当初の情報ではメインアプリであるPremireProCS6は立ち上がらないという話だったし。ところが、アップグレード期限が迫る中念のため調べて見たら、PPCS6も立ち上がるという話が流れてきた(ソフト自体は変わっていないので、10側のアップデートのおかげか?まあ起動せず情報も英語圏の話だったけど)。さらに一旦10にして7に戻せば7を使い続けられるし必要になったら後からでも10に上げられる(ここ重要)ということなので、まあ試しに入れてみてもいいかなと思ってしまったわけ。最初はこの際SSDでも追加しようかと思ったんだけど、まあとりあえずお試しなので手持ちのHDのXP部分を潰してそこに入れることに。
7環境ではアップグレード強要がウザかったのでさっさとレジストリまでいじって自動アップグレードをキャンセルしていたし、ここはやはりクリーンインストールしたいということで、DVDのインストールディスクを作成して作業開始。7のSSDとターゲットのHDを両方生きた状態でDVDから起動して10のインストール。データ引き継ぎはなしにしてターゲットHD(のパーテーション)を指定してインストール。最初アップデートも同時チェックする設定で始めたらやたらチェック段階で時間がかかるのでむりやり止めて(キャンセルボタンは無かったので×ボタンでウインドウを閉じる…止めるにもけっこう時間がかかった)アップデートなしで再実行。まあすんなりインストールが始まり、とりあえず〈プロダクトキーはなし〉ですすめて問題なく再起動。この段階でもう10と7のブート選択画面が出てきた。もともとXPと7のデュアルブートだったので、あわよくば10と7のデュアルにできればいいなと思っていたのが、あっさりできてしまいました。
とりあえず10で起動してドライバとかのアップデートをかけながら、アクティベーション情報を見たら、さすがに未登録。〈プロダクトキーを変更する〉で7のプロダクトキーを入力したらすんなり認証。
なんの問題もなくWin10がセットアップできたので、とりあえずここで一旦シャットダウンし、ちゃんと7でも立ち上がるかどうかを確認。ブート画面で7を選択すればフツーに7が起動、アクティベーションも問題なし。起動オプションもWindows10とWindows7の選択ができるようになっていたし、10のHDを外して再起動しても同じように7の起動ができる。もう一度10で起動し直しても問題なさそう。デフォルトのブート環境が7になるように起動オプションを設定して、あとは元通り。取り合えずこれで従来の7環境を維持しつつWin10環境もキープできたみたい。まあ、期限を過ぎると1万円以上する環境が今なら無料ですからね。
で、とりあえずPremireProCs6をインストールしてみたんだけど、特に問題もなくセットアップできて普通に起動する。EnoreでのDVDディスクも作成できる…かと思ったら、できあがったDVDの映像がオフラインだった(笑)。まあ、その辺は本格的に10に移行しなければならなくなったとき(2020年か)に何とかするということで、あとのお楽しみに。どっちにしろ7で行けるうちは7で行くつもりですからね。
ということで、結論。とりあえず、10にはアップグレードしておいたほうがお得かも。上書きアップでも7に戻せる(そしてあとでもう一度10にできる)らしいし、別ドライブ(たぶん別パーテーションでも)を用意すればデュアルブートで使い分けもできる。無料アップグレードの期限まであと3日だけど、迷ったら一旦上げておいたほうがよさげですな。

連休の工作

と言っても大したものじゃない。何かと言うと、ギターストラップ(肩掛けの紐ですな)のアダプターのようなものなんですが。こんなのです。Strap1
ギターのお尻にあるピックアップジャック兼用のストラップピンにこんな風につけます。
Strap2
ピックアップのシールドを繋ぐとこんな感じですな。
Strap3
これにいつも使うギターストラップをつないで使います。
Strap4
だからどうしたって?
つまり、シールドを繋いだままでストラップの付け外しができるようにするアダプターです。それだけ(笑)。
毎月やっている自分のオープンマイクイベントで貸し出し用のギターを用意ているんですが、人によって座って弾いたり立って弾いたりするんですね。そうなるとその都度ストラップを付け外しすることになります。ところがギターのシールドジャック兼用ピンに直接ストラップをつけていると、付け外しの時にいちいちシールドを抜かなけれなりません。シールドはPAにつながっていて、うっかりいきなり抜くと「ガリガリッ」というノイズが出てスピーカーを壊してしまいかねませんから、必ずオペレータにギターのボリュームを落としてもらってから付け替えなければなりません。…この手順が面倒で(爆)いちいちシールドを抜かずにストラップを付け外しできるようにしたかったんですね。
まあ、普通に自分だけが使う分には全く必要はないのですが、いろんな人がいろんな使い方をするとなると、ちょっとしたことが面倒になったり、遠慮して好みのスタイルで演奏できなかったりさせるのは申し訳ないな…ということで小さな(おそらく誰も気づかない)親切。
次回はイベント八周年記念でビデオ撮影とかもする予定なので、ギターの弦も全部張り替えて、万全の準備でお待ちしています。過去には参加者二人という年もありましたが、今年は果たしてどうでしょうか。宜しくですm(_ _)m

今季はイレギュラーなお仕事入り

毎年この時期は空いていたのだが、今年は仕事の要請が突然。ふた月限定…一応(笑)、ということで六月いっぱい。五月は音楽夜会八周年(ビデオ撮りとその編集もあるのよ)とか宮崎のイベント「プレひょうたん市場」(大丈夫か?頑張れ九州)とかそこそこ忙しいのだけれど、こうしたすでに予定のある日はお休みするという条件で受けました。春の一番気候のよい季節なのだが、まあしかたがない。去年は休業期間が長かった上に色々と買い物をしたこともあり多少懐具合が寂しかったので良しとしよう。というか、いずれ実入りがあるな(ニヤリ)となると…でさっそくヤフオクに入札してみたり、ベースの順巻きペグとか弦とかを注文したり(連休中に届くかどうかは微妙だけど、それはぼちぼち)。
この休みでやったこと。実家のメダカ水槽の掃除。大風で落下したテレビアンテナの修理(いや、自分でやったわけではなく修理の手配だけど^^)。不用品の処理(Mちゃん謝謝)。去年の朝顔の種を回収。生垣の刈り込み。鉢植えの植替えを幾つか。両親姉と温泉一泊。姉家の無線LANルーターの調整(つーってもAPスイッチを正しい方にしただけ笑)。ライブを見に行くとかセッションとか数回。4回走りに行った(走ったり歩いたりで8キロ1時間半…以前のペースまでは戻らずT.Tでも300mダッシュ4本含む)。ガスコンロの掃除。ギターケースの持ち手修理。BlueToothスピーカー改造。MacをEl Capitanにアップグレード。………大したことはしてないなぁ。
とにかくそういうことで、明日からお仕事です(まあカレンダー通りなので一日行って三連休だけどね^^)。また平日と日曜夜遅くはあんまり動けなくなるので不義理するかもしれないけど悪しからず。

ToDO2016

さて、先の金曜日で仕事の契約が切れ、しばらく無職になります。思いつくままに、すること/しなきゃいけないこと/したいこと/できれば…(笑)などをメモ。
自分の部屋の片付け。いろいろなモノが部屋の水平面に積んである。一応床が見えるところ(爆)は掃除してますが。
と言いつつ、ガスコンロ/換気扇、風呂場の掃除はせねば(笑)
包丁を研ぐ。
実家の不要品処分(古いソファーとか、和室用お膳とか、メモ机付き折りたたみパイプイスとか、いろいろあるのよ)
走る(仕事中のここ約半年、いちども走ってない_ _;)
プレベ(グネコ)のボリュームポッドを交換(ガリがすごく、ライブの時一瞬音が出なくなって焦った。ジャズべは買ったけど、一応使えるようにしておきたい)。ちなみに、4弦ベースに5弦ベースの弦下4本を張るのはやっぱりムリかな?要は、上の方はいらないけど低い方が欲しいのよ。…持ち替えたら絶対混乱しそうだけど(爆)
ジャズベ(シェクター)の糸巻きを交換(一個だけ豪快な修理が目立つし、やっぱ逆巻きはツライ^^;)
最近見かけるちっこいウクレレベースってどうよ?(アコギとセットで持ち歩くには便利かな、と。上の2本はロックなので(?)やたら重い。去年買ったエレアコベースは軽いけどでかい。)
12弦ギターにもともと付いていたハードケースの修理(持ち手が取れ、ひもでくくってある)
ギターハードケースのストラップ回りの改良。これまで2台運ぶときに使っていた背負子はそれだけで4Kgもあり(最近重さがこたえる…T.T)、ケースだけで2台連結して背負えるようにしたい。ベースも、さすがにソフトケースの二重連はちと怖いけど、四角いハードケースがあるので背負えるようにしてソフトと連結させればベース2本持ちも可能か?…基本チャリ移動ですが、なにか?
こないだ、中学の頃(中1かな?)に初めて買ったギターを引っ張り出し、ちょっといじってみた。弦はさびさびだったけど思ったより良かったので、磨いて弦を張り替えてみる。
これまた高校の時にかったフラットマンドリン、引っ張り出して弦を換えサドルも調整したので、…弾いてみる(爆)
ライブに行く。
オープンマイクに行く。
セッションに行く。
全部まとめて旅行に行く。
…夜更かしに慣れる(爆)。
ギター/ベースの基礎練習(きちんと弦を押さえて安定した音を出すこと/コードフォームの引き出しを増やすこと。)
新曲を作る。
Roland MICRO CUBE BASS RX ベース アンプ。ほしいな〜。
電池駆動のできるベースアンプはほぼこれ一択みたい。ただし、完動欠品なし送料税込み1.5万以下で手に入れば。ちなみにヤフオク相場は送料別1.5〜1.8万(笑)
それはムリでも、とりあえず去年ヤフオクで落としたBlueToothスピーカーの電池駆動回りを改造。電池消耗を防ぐためのスイッチはあるのだが、OFFでもACアダプタを繋ぐと嫌でも内蔵の充電池を充電してしまう仕様のため、充電池の使い切り充電ができずすぐにへたっちゃう。OFFで充電もしない仕様にしたいんだけど…。
目覚まし用に使っているミニコンポもそろそろ買い替えかな。夏場はOKなんだけど冬場はリモコンが冬眠してしまうのよ。学習リモコンを買うくらいならハードオフあたりで2000円くらいで転がってないかな。条件はリモコンが使えてラジオで目覚ましタイマーが使える。贅沢を言えばBluetoothとかネットラジオとか。スピーカーはあるからいらないので単品レシーバーでも可。
自宅サーバのメンテ。モニタツールによると最近月2回ぐらい一時的にダウンするのよ。単に反応が遅いだけだとは思うのだけど、やっぱMacMini(PPC1.4GHz)+OSXでWORDPRESS(Apach+MySQL+PHP)は荷が重いか。IBMノート(Core2Duo2GHz)+UbuntuServerに切り替えるかも。
この際、サイトデザインも見直すかな。FBにリンクさせると出るトップ画像が不自然なのよね。WORDPRESSは完全CSSベースなので、CSSの勉強から。

やっぱ、音楽関係が多いな(笑)

世界のおかあさん

このところ、ある一曲が頭の中でヘビーローテーションしている。国分寺エクスペリエンスの「世界のおかあさん」https://https://youtu.be/SqCP84jKSdM
はじめて聞いたのはライブでご一緒したときなのだが、みごとなパフォーマンスに圧倒された記憶がある。https://youtu.be/riIbPsWazmA
金曜の朝ラジオ「源ちゃんの現代国語」コーナーで紹介された本『戦争は女の顔をしていない』(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著/三浦みどり訳/群像社刊)の内容が衝撃的だったところへFBでシェアされて思い出し、それ以来頭から離れない。
この本、旧ソ連の従軍女性兵士(看護師や通信兵のみならず狙撃兵など戦闘員もいた)への女性著者による女性目線の壮絶なインタビュー集。紹介された一部朗読がほんの数行だったにもかかわらず、被害者としてだけでなく加害者としても戦争に巻き込まれる女性たちの失われる人間性がリアルに描き出されていてトラウマになりそう。私は全編読んではいないし、とても読めそうな気もしないのだが。これと先の曲がシンクロして増幅されているわけ。
国分寺エクスペリエンスというバンドはもうずいぶん長いこと活動しているバンドだが、ちゃんと聞いたのは一昨年くらいの武蔵野はらっぱ祭り。ボーカルのおちょこさんのアコースティックソロはその数年前くらいからなんどか聞いていて詞曲歌ともすばらしいとは思っていたのだが、バンドは予想以上にロックだった。最近お世話になっているアリこと有田武生さんとか、世の中にはまだまだ知らないアーティストがたくさんいる(自分が知らなかっただけ?_ _;)ことを痛感したこの一年です。
ちなみに先のインタビュー本、現在は発売中止。版元の群像社のページによると、著者権利エージェントとの契約のせいで、すでに刷っってある版元在庫も売れなくなった模様。著者のノーベル賞受賞の結果、一人でやってる弱小出版社としては契約更新もさせてもらえず乗り換えられたらしいので、そのうちお金持ちの大手出版社から出るでしょう。せめて在庫ぐらい売らせてあげればいいのにね〜。引き継ぐ出版社にはなんらかの配慮を期待したい。

Zoom H4n のファームアップ

手持ちのレコーダーZoom H4nのファームがバージョンアップされてた。2015年10月にこっそりと。…「こっそり」というにはワケがある。
https://www.zoom.co.jp/ja/H4n_update
不具合の解消なのだが、実はこの不具合、昨年2015年3月のライブ録音の時にモロに出くわしていた。長時間の24bit/96k録音でファイルの切れ目にノイズ…というか途切れができてしまった。ライブなので致命的だったのだが、ビデオの別録りだったのでそこだけビデオ音声をつかってごまかした。
その後5月末に問い合わせたところ、そんなことはありませんと返事が来たヤツのような気がする。カードとの相性ではないかというような返事だった。しかたなくしばらくほっといたのだが今日思い出して、とりあえずメーカー動作確認済みのメモリカードを買ってみようかとサイトを確認したところ、ファームアップの告知。リリースのタイミング的に見ても、内容的に見ても、問い合わせのあとに確認して修正したような気配が濃厚。
自分的に問題を問い合わせした立場としては(初期不良で一度交換してもらったので、ユーザーとしてのコンタクトは2回目でもあり)、不具合を確認した時点とは言わないまでも、せめてファームアップリリース時点でなんらかのアナウンスがあってもいいんじゃないかと思うのだが…。まあ、きちんとファームアップで対応してくれるだけ十分マシだとは思うのだが。
Zoomはいいプロダクツをそこそこの値段で出しているし、アフターサービスもきちんとしている会社なので、もう一息なんだよな〜。がんばれ〜。

古いフラットマンドリンを掘り出してみました

ちょっと思い出して、昔高校生の頃買ってほとんど弾いてない(苦笑)フラットマンドリンを掘り出して見ました。弦も切れていてフレットもさび付いているので、すこし磨いてみようかと思うのです。とりあえず弦を買ったのですが、弦を張る前に気になることが。フラットマンドリンの弦高ってこんなものなのかな?
といっても、そもそもフラットマンドリン自体、全然なじみが無く、どういうのが普通なのかとかそういう知識もないんですが、弦の短さや、よく耳にする超絶早弾き奏法などを考えると、ぱっと見なんですが、弦高が高いような気がするのです。現状こんな感じ。
弦高
一応、ブリッジに弦高調整ネジが付いているのですが、一番下げきった状態です。
アジャスタ(低音側)アジャスタ(高音側)
下げきっているので、上げることはできるのですが、このままではこれ以上下がらない。まあブリッジは木製なので削れば下げることもできると思うのですが、どこをどう削るか、ボディに接しているベース部分を削るべきなのか、弦に接しているサドル部分を削るべきなのかとか…。
ブリッジ(ボディ側)ブリッジ(ネック側)
こいつは昔名古屋にあった春日楽器というメーカーのカスタムモデルのようです。
標準モデルはティアドロップ形状なのですが、こいつは角がある(笑)
正面背面
しかもヘッドは派手!
ヘッド
ボディ内部にはラベルが貼ってあってシリアルも付いてます。
ラベル1
ラベル2
たしか購入価格は標準モデルと同じ3万円(笑)だったような。塗装はきれいですがトップは合板のようだし、ペグやピックガードの仕上げもちと雑なので、まあそんなものかとは思います。
マンドリンに詳しい方、なにか情報があったらよろしくね。