Techno」カテゴリーアーカイブ

生録機材

「宅録」ではなく「生録」です(笑)。自分が中学生の頃、はじめて親に買ってもらった録音機が、いわゆるラジカセではなくソニーの「カセットデンスケ」、それも第二世代のブラックフェイスのやつ(リンク先に写真がありやす。なつかしー)。当時は野外に出てSLの音とか野鳥の声とかを録音するのがブームで、その中核だったのがこのレコーダーだった。ミーハーだったので、何とかテキトーな理由をつけて買ってもらったわけです。
これが自分用としては初めてのオーディオ機器にもかかわらず、純然たる録音機でレコードはもちろんラジオすらついていない。したがってレコードから録音とかエアチェックとかするには居間にある親のステレオセットにつないで録音していた(もちろんカセットアルバムを買うお金なんてあるわけがない)。モニター用のスピーカーはついていたもののモノラルなので、どうやってステレオで聞くかというと、ヘッドホン、もしくはヘッドホンジャックに小さいスピーカーをつないで約10cmまで近づいて聞く(笑)。
まあ、あこがれた本来の使い方のために、お年玉とかをためてマイクを買い、ステレオペアのマイクを買い、6chのミキサーを買い、マイクスタンドを買い…。一応、形は整えたとはいえ、実際にフィールド録音に出かけることもなく、多少は宅録まがいのこともしたかもしれないけどあまり記憶にない。結局、マイクやミキサーは高校のときの文化祭で拡声用に使ったぐらい(もちろんPAというレベルではない。たしかギターアンプにギターとパラで入れた…当然歪みまくりヴォイスだけど、当時はプログレ全盛で問題なかった^^;)。
レコーダーやミキサーはさすがに壊れたので捨てたのだけど、とりあえず使えるものはそのまま捨てずにもっていたわけですわ。というわけで。久しぶりにマイクやスタンドを引っ張り出してみたのが下の写真。
IMG_0010
中央のハンディレコーダーは最近ものだけど、それ以外は結構古い。ステレオアームは最初のペアマイク(同じ型の2本揃い/レコーダー左右の細い銀マイク)に付属。左端の銀色マイクは高校くらいのとき、右端の黒マイクは社会人になってDTMを始めたあたりかな。まあ、普通は一つのアームにこんなにつける事はないんだけどね。スタンドは一応ブームスタンドだけど、ブーム部分が折れたのでZライトの部品をくっつけてなんとかした。まあ、写真以外にももう一本ブームスタンドがあるんだけどね。
IMG_0012
機材を揃えるのが好きなだけの機材オタクなのはこのころからでした(汗)

サーバ話(Let’s Encryptその後2)

ということで、4月の更新期を迎えたのだが…やっぱりうまくいかない。期限切れの警告が来る。さすがにこうなるとのんびりと構えてもいられないので、もう一度cron自動実行期限を今朝に設定し直してみたけど、実行はされるけどやっぱり更新されない。したがってスクリプト自体に問題がある。
もう一度スクリプトのリファレンスを読み直してコマンドをよーく見てみたら、「–non-interactive」が抜けていることを発見。interactiveとはつまり対話のように質問に答える形での進行のことで、それをキャンセルするオプション。これがないと対話式の実行になり、つまり画面で返事をしないと進まなくなる。そりゃーすすまないわ。
なおしたけど、また2ヶ月も待てないのでしかたなく手動で自動実行スクリプトを実行してみたら、次。こんどは何も言ってこないはずなのにエラーメッセージだけはしっかり返ってくる(T.T)戻ってきたエラーメッセージいわく「Missing command line flags. For non-interactive execution, you will need to specify a plugin on the command line. 」自動実行するには設定が足りないんだけど…というお叱り。
再びリファレンスを読み直してみたら「–non-interactive」を使うにはプラグインを明示的に指定しなければならない、と。さてプラグインは何を使っているのか?指定した記憶もないのでデフォルトだろうけど、デフォルト値を探し出して改めて指定しなければならないわけで。
まあ、プラグインは3種類しかないので、とりあえず最初に出てきた「apache」を指定してみた。すると今度は「The apache plugin is not working; there may be problems with your existing configuration.」うーん。でも、調べて見ると他のプラグインを使うには相当あれこれ設定する必要があるので、そんなことをした記憶が無い以上、そんなはずもなく…(TOT)
で、先のエラーメッセージでググってみたら、どうもこれはウェブサーバapache2.2側のバグらしく対処法がないらしいという情報が出てきた。
(蛇足:この手の英語のエラーメッセージは、そのままそっくり検索するとけっこうヒットする。多くは同じように困った人がコミュニティの掲示板に質問して助けを求めている場合。うまくいくとそこに解決法も書き込まれていることがある。ダメでも今回のように原因だけはわかる…全部英語だけどね^^;なのでここにも載せておけば、もしかしたら世のため人のためになるかもしれない、誰が見ているかわからないけどね)
しかたないので、ほかのプラグインを使うことにして、2番目のプラグイン「webroot」を指定。自分のSSL証明書は1枚でいくつかのドメインをカバーするように作っていたので、代表ドメインのデータパスを指定していればいいと説明にはあったのでそのとおりにして実行したら、案の定またエラーメッセージ…代表以外のドメインが軒並みエラーに。一つでもエラーがあるとまとめて全部更新されない。
もうこうなるともうめんどくさい、力業でいいや〜ということで、すべてのドメインのデータパスを全部突っ込んでみたら、やっと成功…「おめでとさん」というメッセージが返ってきた。やれやれ、ということでサイトにアクセスして証明書を確認したら、何も変わっていない。でもサーバー上の証明書は確かに今日に日付になっている。はて??
結局、Apacheサーバを再起動したらなんとか更新された証明書でサイトが表示されました。この2番目のプラグインwebrootはサーバを止めなくても更新ができるという触れ込みだったんだけど、どうやら更新はできるけどそれを反映させるにはサーバを再起動しなければならない、ということのよう。なんのこっちゃ、ですが。
これで一応スクリプトでの更新はできたので、これを自動実行させればいい…はず。
できあがった最終的なコマンドをここにのせようかとも思ったけど、とにかく本当にうまく行ってから(爆)にしますわ。その確認はまたまた2ヶ月さきの6月まで更新時期を待たなければならないのでね。乞うご期待(笑)

サーバ話(Let’s Encryptその後)

やれやれ。サーバSSL認証の期限切れ対応で作っておいた自動更新スクリプト、月2回の期限切れチェックはきちんとしていたので安心していたら、いきなり認証局から期限切れの警告が。いざ更新が必要になった段階で、肝心の更新処理がエラーになっていた。推奨のコマンド「letsencrypt renew」ではチェックはするけど更新がエラーになる…どうやらバグらしい。もうすこし細かい設定のできるコマンド「letsencrypt certonly」を使えば、手動で画面に出して対話式にやる(いちいち引数を入力する)形の実行で一応更新はできたのだけれど、引数をつけて自動実行させるとやっぱりエラーに。結局、一旦apacheウェブサーバを停止させて更新処理を実行し、済んだらまたapacheウェブサーバを起動する形で一応は実行できるような気配が。とりあえずその形にスクリプトを書き換えておいたのだけれど、いかんせんすでに手動で更新してしまったので、次に更新処理が自動実行されるのは3ヶ月先の4月(笑)。またそのころに結果を報告しますわ。
ちなみに、バックアップの自動化の方はうまくいっているようです。。。

こんどはじっくりゆっくりサーバをチェック

サーバのHDが7月末にクラッシュしてダウンし、8月中旬にSSDを入れたノートマシンで復旧させたのに10月末でまたまたクラッシュ。結局またHDに入れ替えてなんとか復旧させたところ。

前回の復旧時にシステム全体のバックアップデータをSDカードに保存し、毎週自動で更新するようにしておいたので、復旧は簡単…のはずだったのだけど、いざとなったら全く更新されていなかった(T.T)。バックアップスクリプトを作ったとき、SDカードのデバイス名を間違えてフォーマット前のモノで指定していたため、実環境に設置して再起動したときにデバイス名が変わってしまってマウントできずにバックアップコマンドが機能しなかったらしい。8月以降のデータはすべてパー。【教訓】最終テストと確認はしっかり実環境ですべし。

とはいえ、セットアップ時のデータは残っていたのでそこに戻すのは簡単…のはずだったんだけど、書き戻して再起動してみたら、起動せず。これまた似たようなデバイスの問題で、メインのドライブを交換したため、そのユニークIDが変わってしまい、起動ドライブを認識できなくなってしまった。仕方ないのでもう一度OSからインストールし直して、起動ドライブ関連の設定は上書きしないように書き戻してみたら起動はするようになったけど、まだエラーがうじゃうじゃ出る。どうもセキュリティがらみの問題でドライブIDをチェックしているらしい。そうなるとどこでどう使われているのかを調べるだけでも大仕事になってしまうので、これは手に負えないと断念。

結局、OSのクリーンインストールからすべてやり直し。まあ、前回のセットパップの時に詳細な作業記録を残しておいたので、作業そのものはすんなりいったんだけど、それでも単に8月の段階に戻っただけ。とりあえずはまずバックアップ処理を見直して修正、数日間環視してうまく動いているのを確認。それから他にもなにかないかとチェックしていたら、システムの自動アップデートもうまく動いてくれていない気配が…。セキュリティアップデートとかは毎日チェックしているはずなのに、ログインするたびに「アップデート可能:xx個、うちセキュリティアップデート:x個」と言われる。これも調べてみたら、設定ファイルの記述に「全角のコーテーション」が混入していて手動での更新もできない状態だった。修正して手動更新はできるようになったんだけど、どうも自動更新はまだされていない。自動更新は一日1回の設定なので、ちょっと手直ししては翌日まで結果待ち、すでに数日まだ機能せず。やれやれ。
まあ慌てずにこつこつやります。他にもすることがあるし。

Win10をキープ

いやね、10を入れるつもりはなくて、基本的には7と心中するつもりだったんですよ。当初の情報ではメインアプリであるPremireProCS6は立ち上がらないという話だったし。ところが、アップグレード期限が迫る中念のため調べて見たら、PPCS6も立ち上がるという話が流れてきた(ソフト自体は変わっていないので、10側のアップデートのおかげか?まあ起動せず情報も英語圏の話だったけど)。さらに一旦10にして7に戻せば7を使い続けられるし必要になったら後からでも10に上げられる(ここ重要)ということなので、まあ試しに入れてみてもいいかなと思ってしまったわけ。最初はこの際SSDでも追加しようかと思ったんだけど、まあとりあえずお試しなので手持ちのHDのXP部分を潰してそこに入れることに。
7環境ではアップグレード強要がウザかったのでさっさとレジストリまでいじって自動アップグレードをキャンセルしていたし、ここはやはりクリーンインストールしたいということで、DVDのインストールディスクを作成して作業開始。7のSSDとターゲットのHDを両方生きた状態でDVDから起動して10のインストール。データ引き継ぎはなしにしてターゲットHD(のパーテーション)を指定してインストール。最初アップデートも同時チェックする設定で始めたらやたらチェック段階で時間がかかるのでむりやり止めて(キャンセルボタンは無かったので×ボタンでウインドウを閉じる…止めるにもけっこう時間がかかった)アップデートなしで再実行。まあすんなりインストールが始まり、とりあえず〈プロダクトキーはなし〉ですすめて問題なく再起動。この段階でもう10と7のブート選択画面が出てきた。もともとXPと7のデュアルブートだったので、あわよくば10と7のデュアルにできればいいなと思っていたのが、あっさりできてしまいました。
とりあえず10で起動してドライバとかのアップデートをかけながら、アクティベーション情報を見たら、さすがに未登録。〈プロダクトキーを変更する〉で7のプロダクトキーを入力したらすんなり認証。
なんの問題もなくWin10がセットアップできたので、とりあえずここで一旦シャットダウンし、ちゃんと7でも立ち上がるかどうかを確認。ブート画面で7を選択すればフツーに7が起動、アクティベーションも問題なし。起動オプションもWindows10とWindows7の選択ができるようになっていたし、10のHDを外して再起動しても同じように7の起動ができる。もう一度10で起動し直しても問題なさそう。デフォルトのブート環境が7になるように起動オプションを設定して、あとは元通り。取り合えずこれで従来の7環境を維持しつつWin10環境もキープできたみたい。まあ、期限を過ぎると1万円以上する環境が今なら無料ですからね。
で、とりあえずPremireProCs6をインストールしてみたんだけど、特に問題もなくセットアップできて普通に起動する。EnoreでのDVDディスクも作成できる…かと思ったら、できあがったDVDの映像がオフラインだった(笑)。まあ、その辺は本格的に10に移行しなければならなくなったとき(2020年か)に何とかするということで、あとのお楽しみに。どっちにしろ7で行けるうちは7で行くつもりですからね。
ということで、結論。とりあえず、10にはアップグレードしておいたほうがお得かも。上書きアップでも7に戻せる(そしてあとでもう一度10にできる)らしいし、別ドライブ(たぶん別パーテーションでも)を用意すればデュアルブートで使い分けもできる。無料アップグレードの期限まであと3日だけど、迷ったら一旦上げておいたほうがよさげですな。

Zoom H4n のファームアップ

手持ちのレコーダーZoom H4nのファームがバージョンアップされてた。2015年10月にこっそりと。…「こっそり」というにはワケがある。
https://www.zoom.co.jp/ja/H4n_update
不具合の解消なのだが、実はこの不具合、昨年2015年3月のライブ録音の時にモロに出くわしていた。長時間の24bit/96k録音でファイルの切れ目にノイズ…というか途切れができてしまった。ライブなので致命的だったのだが、ビデオの別録りだったのでそこだけビデオ音声をつかってごまかした。
その後5月末に問い合わせたところ、そんなことはありませんと返事が来たヤツのような気がする。カードとの相性ではないかというような返事だった。しかたなくしばらくほっといたのだが今日思い出して、とりあえずメーカー動作確認済みのメモリカードを買ってみようかとサイトを確認したところ、ファームアップの告知。リリースのタイミング的に見ても、内容的に見ても、問い合わせのあとに確認して修正したような気配が濃厚。
自分的に問題を問い合わせした立場としては(初期不良で一度交換してもらったので、ユーザーとしてのコンタクトは2回目でもあり)、不具合を確認した時点とは言わないまでも、せめてファームアップリリース時点でなんらかのアナウンスがあってもいいんじゃないかと思うのだが…。まあ、きちんとファームアップで対応してくれるだけ十分マシだとは思うのだが。
Zoomはいいプロダクツをそこそこの値段で出しているし、アフターサービスもきちんとしている会社なので、もう一息なんだよな〜。がんばれ〜。

ターボ化完了

ということで、ベースの配線をターボ回路に改造しました(笑)とりあえずボリュームノブUPでターボONの仕様。足りない線材はPROVIDENCEのシールド(昔のShark、今のSタイプ相当)の芯線を使いました。ハンダ付けが下手でハンダがダマになってたり被覆が溶けそうになったり(^^;)、あれこれ動かしている途中に繋いでおかなければならない線が切れたり(T.T)、裏穴に戻すときにアース線とぶつかって音が出なくなったり(>_<)…いろいろありましたが、なんとかクリアして無事完成。
で、その効果は…一応ターボONで音は変わります、微妙ですが(苦笑)。若干ブリブリ感は出てきますが、さすがに前のプレベほどのブリブリではない感じ。これにフェイズスイッチも組み合わせるとまたちょっとニュアンスが変わる。まあ、本当のところ使えるかどうかは大音量で音出ししてみないとわからないので、とりあえず「変化はあった」ってところでしょうか。
で、改造のついでに部品を確認してみた。ボリュームは二つともNOBLEの15A500KΩ、トーンはB500KΩ、コンデンサは473K(0.0473μF)。一般的なジャズベのボリューム類は250KΩ、コンデンサも0.022μFらしいので、まえのオーナーは結構マニアックかも(笑)ちなみにピックアップの黒線が繋がっているスイッチの端子横にマジックで「クロ」って書いてあったから、まず間違い無く日本人がいじってますな(爆)。よく見ると、ピックアップの各弦用に2本ずつあるポールピースの位置が弦にぴったり合っていないので、おそらくピックアップも交換してあるのでしょう。前のプレベと弾き比べてみたのですが、全体の出力はすこし低め(小さめ)のようで、同じセッテイングで持ち換えるとあきらかに音量が違う。…というか音質もかなり違うし、そもそもプレベとジャズベということでボディもネックも回路も違うからあんまり比較しても意味はないけど。まあそういう楽器なんだと言うことで納得することにする。
さらについでなので、シールドもいろいろ試して見ました。手持ちにPROVIDENCEの S (Shark)、F (Fat)、B (Bottom)。S はフラットといえばフラットなのだがその分音が細く、音量感も一番少ない。F は音量がアップした感じ、B は F にさらに低域を足した感じ、…まあメーカーの謳い文句通りでした(爆)。ついでに大昔(1980年頃)に買ったLAWRENCE 1600 by BELDENと印字してある細いヤツがあったので試したら、Fに近い感じかな、もともとギター用に買ったので当たり前と言えば当たり前だが。とにかく、本来ベース用の B が一番低音が出ているのだが、今回のベースはかなり低音寄りの感じなので、もしかしたら F でもいいかもしれない。S はプリアンプやエフェクタでも噛ました後に使うならいいかもしれないけど、とりあえずアンプ直ではダメだな。こんど大音量で音出しする機会があったら、F と B を持っていって試してみようっと。

いまは盛り上がっているので(^^)いろいろやっているけど、落ち着いたらなーんにも考えずに決まったセッティングでずーっと使ってるんだろうな〜(爆)

Facebookへの自動投稿アプリをまたまた乗り換え

どうもこのブログの記事をFacebookに反映させるWebサービス dlvr.it が、乗り換えたばかりなのにどうもまたうまく動かなくなったようなので、ふたたび乗り換えることに。いろいろ調べて、こんどはサイトを構築しているWORDPRESSに追加するプラグインjetpackを導入することにした。プラグインといっても、やっぱりWebサービスとの連携のようなモノらしいのだが。ということでテストもかねて(笑)
JETPACK

さようならPowerMacintosh 9600/200MP

壊れたプリンタやらFAXやらが溜まってきたので、そろそろ処分しなければ…と思い調べてみた。パソコン一台があればその他もろもろいっしょに無料回収してくれる所があったので、PowerMacintosh 9600/200MPというマシンを人身御供にすることにした。

こいつはPowerMacintoshでは唯一、CPUがPPC604e 200MHz(Ghz ではなく MHz です、念のため^^;)2発でマルチプロセッサー構成というレアなマシン。OSは漢字Talk7.5の時代。当時使っていたDTMソフトのCubaseがマルチプロセッサー対応(のはず)だったのでこれにしたのだけれど、結局ろくに動作せず(当時まともに動作したのはどうもPhotoshopのマルチCPU版だけだったらしい)、OS自体もマルチプロセッサーには対応していなくて…結局マルチCPUが役に立った記憶はない。そうこうするうちに時代はPowerPCG3〜G4へと移り、(このモデルはPCUがカード上にあって差し替えが可能だったため)さっさとCPUカードをG4/400MHzに差し替えた。一応、マルチCPUカードは中古で手に入れたPowerMac8500にさしてLinuxを走らせたりもしてみたのだけれどやはり実用にはならず。まあ、筐体のデザインは8500のほうが好みだし、そっちをキープすることにして、最後のご奉公に出すことにしました。

実は、これといっしょにPowerBookG3(WallStreet II 300MHz)も処分しようと思ったのだが、ふと電源入れてみたらMacOS8.6が全然普通に立ち上がるのよ。2000年に渡米する際どうしてもMacがいるな~ということで中古で買ってわざわざ背負っていったマシンなので、アメリカでのことが一気にフラッシュバックしてきて…とりあえず残しておくことに(笑)。
初めて買ったMacintosh II(後にIIfxにロジックボード交換)も大事にしまってあるし(というか、そのときのキーボードは今でもメインで現役)、なかなかカラーのリンゴマーク製品は手放しづらいなぁ。