Win10をキープ

いやね、10を入れるつもりはなくて、基本的には7と心中するつもりだったんですよ。当初の情報ではメインアプリであるPremireProCS6は立ち上がらないという話だったし。ところが、アップグレード期限が迫る中念のため調べて見たら、PPCS6も立ち上がるという話が流れてきた(ソフト自体は変わっていないので、10側のアップデートのおかげか?まあ起動せず情報も英語圏の話だったけど)。さらに一旦10にして7に戻せば7を使い続けられるし必要になったら後からでも10に上げられる(ここ重要)ということなので、まあ試しに入れてみてもいいかなと思ってしまったわけ。最初はこの際SSDでも追加しようかと思ったんだけど、まあとりあえずお試しなので手持ちのHDのXP部分を潰してそこに入れることに。
7環境ではアップグレード強要がウザかったのでさっさとレジストリまでいじって自動アップグレードをキャンセルしていたし、ここはやはりクリーンインストールしたいということで、DVDのインストールディスクを作成して作業開始。7のSSDとターゲットのHDを両方生きた状態でDVDから起動して10のインストール。データ引き継ぎはなしにしてターゲットHD(のパーテーション)を指定してインストール。最初アップデートも同時チェックする設定で始めたらやたらチェック段階で時間がかかるのでむりやり止めて(キャンセルボタンは無かったので×ボタンでウインドウを閉じる…止めるにもけっこう時間がかかった)アップデートなしで再実行。まあすんなりインストールが始まり、とりあえず〈プロダクトキーはなし〉ですすめて問題なく再起動。この段階でもう10と7のブート選択画面が出てきた。もともとXPと7のデュアルブートだったので、あわよくば10と7のデュアルにできればいいなと思っていたのが、あっさりできてしまいました。
とりあえず10で起動してドライバとかのアップデートをかけながら、アクティベーション情報を見たら、さすがに未登録。〈プロダクトキーを変更する〉で7のプロダクトキーを入力したらすんなり認証。
なんの問題もなくWin10がセットアップできたので、とりあえずここで一旦シャットダウンし、ちゃんと7でも立ち上がるかどうかを確認。ブート画面で7を選択すればフツーに7が起動、アクティベーションも問題なし。起動オプションもWindows10とWindows7の選択ができるようになっていたし、10のHDを外して再起動しても同じように7の起動ができる。もう一度10で起動し直しても問題なさそう。デフォルトのブート環境が7になるように起動オプションを設定して、あとは元通り。取り合えずこれで従来の7環境を維持しつつWin10環境もキープできたみたい。まあ、期限を過ぎると1万円以上する環境が今なら無料ですからね。
で、とりあえずPremireProCs6をインストールしてみたんだけど、特に問題もなくセットアップできて普通に起動する。EnoreでのDVDディスクも作成できる…かと思ったら、できあがったDVDの映像がオフラインだった(笑)。まあ、その辺は本格的に10に移行しなければならなくなったとき(2020年か)に何とかするということで、あとのお楽しみに。どっちにしろ7で行けるうちは7で行くつもりですからね。
ということで、結論。とりあえず、10にはアップグレードしておいたほうがお得かも。上書きアップでも7に戻せる(そしてあとでもう一度10にできる)らしいし、別ドライブ(たぶん別パーテーションでも)を用意すればデュアルブートで使い分けもできる。無料アップグレードの期限まであと3日だけど、迷ったら一旦上げておいたほうがよさげですな。