古いフラットマンドリンを掘り出してみました

ちょっと思い出して、昔高校生の頃買ってほとんど弾いてない(苦笑)フラットマンドリンを掘り出して見ました。弦も切れていてフレットもさび付いているので、すこし磨いてみようかと思うのです。とりあえず弦を買ったのですが、弦を張る前に気になることが。フラットマンドリンの弦高ってこんなものなのかな?
といっても、そもそもフラットマンドリン自体、全然なじみが無く、どういうのが普通なのかとかそういう知識もないんですが、弦の短さや、よく耳にする超絶早弾き奏法などを考えると、ぱっと見なんですが、弦高が高いような気がするのです。現状こんな感じ。
弦高
一応、ブリッジに弦高調整ネジが付いているのですが、一番下げきった状態です。
アジャスタ(低音側)アジャスタ(高音側)
下げきっているので、上げることはできるのですが、このままではこれ以上下がらない。まあブリッジは木製なので削れば下げることもできると思うのですが、どこをどう削るか、ボディに接しているベース部分を削るべきなのか、弦に接しているサドル部分を削るべきなのかとか…。
ブリッジ(ボディ側)ブリッジ(ネック側)
こいつは昔名古屋にあった春日楽器というメーカーのカスタムモデルのようです。
標準モデルはティアドロップ形状なのですが、こいつは角がある(笑)
正面背面
しかもヘッドは派手!
ヘッド
ボディ内部にはラベルが貼ってあってシリアルも付いてます。
ラベル1
ラベル2
たしか購入価格は標準モデルと同じ3万円(笑)だったような。塗装はきれいですがトップは合板のようだし、ペグやピックガードの仕上げもちと雑なので、まあそんなものかとは思います。
マンドリンに詳しい方、なにか情報があったらよろしくね。